美容に欠かせない成分|杏仁オイルで潤うお肌に

イボ対策や乾燥対策に使用

油

選び方と効果的な使い方

杏仁オイルにはパルミトレイン酸が豊富に含まれており、パルミトレイン酸は若さを作る脂肪酸だと言われています。乾燥を防ぐ働きを持っているので、潤いのある肌を維持したり、老化によって出来るイボにも効果が期待出来ます。肌の角化症を防ぐリノール酸が多く含まれている杏仁オイルは、イボの対策に効果的ですし、アンチエイジングケアにも役立つオイルです。効果の高い杏仁オイルを選ぶポイントとして、どんなアプリコットが使用されているかをチェックすることが大切です。産地や、どんな栽培方法で育てられたアプリコットを使っているかを確認出来る製品なら、より安心して使うことが出来ます。また、杏仁オイルは熱に弱いので高温処理されたオイルでは、十分な効果を発揮できない可能性があります。精製方法をチェックして、低温圧搾など高温で処理されていない製品を選ぶことが大切なポイントの一つです。杏仁オイルを肌に浸透させる効果的な使い方として、まず洗顔した後に化粧水を肌に馴染ませて保湿をします。保湿をした後に杏仁オイルを顔や首など全体的に塗ることで、肌への浸透が良くなり、より馴染みやすくなります。イボなどの気になる部分には、杏仁オイルを手に取ってくるくるとマッサージするように使うと、イボへの成分の浸透が期待出来ます。杏仁オイルは老化によるイボの改善だけではなく、シワやたるみなど乾燥が原因となって起こる肌の悩みの改善などにも役立つオイルです。